先生

早期発見して改善する

ますます使いやすくなる内視鏡で治す

医者

大腸がんを治すためには、手術をしなくてはならない場合が大半と言われています。しかし、一般的に想像するような大掛かりな手術ではなく、小さな手術で改善するケースが多くあります。代表的なのが、内視鏡切除と呼ばれる方法です。内視鏡とは、お腹の中を覗くためのスコープで、これを使う事で利便性を向上させています。昔は大きく腹部や内部を切開してしまい、術後の痛みや神経の切除が問題視されていました。しかし、これを使えば腹部の一部に数センチの穴を開けるだけで、あらゆる角度からほぼ完璧な手術が可能となっているのです。大腸がんと言うと、身体の奥深くの難しい手術であると思いがちですが、最新の内視鏡は技術の進歩でより使い勝手や画質も良くなっています。

主流となっている検査の利点や欠点

大腸がんは進行すればするほど完治が困難な病気として知られており、検査による早期発見が重要と言われています。現在では様々な検査方法が考案されてはいますが、その選び方や注意点は十分に覚えておかなくてはなりません。かなり前から主流とされてきたバリウム検査でも、その確実性は実は保証されていません。苦い思いをしながら検査しても、見落としがあったと言うケースもごく稀ですが存在しています。自分が大腸がんになるリスクの高い生活を送っており、不安があると言う方は必ず内視鏡検査を受けましょう。医師の腕が問われる検査ではありますが、現在の方法の中では最も確実であると評価を受けています。内視鏡も細くなり、昔ほど苦痛を感じないとても便利な方法になってきています。

ヘルニアを治そう

病院

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法は様々なものがありますが、しびれや脱力があまりない場合はまずは薬物や理学療法などの保存療法で改善していくこととなります。改善が見られない場合は手術で対応することもあります。

Read More...