医者

新たな方法も登場

治療費用の一例をご紹介します

笑顔

聴神経腫瘍は通常片側に発生しますが、まれに両側の聴神経に腫瘍が見られることがあります。こういった場合には両方の聴力を喪失するリスクが高くなるため、現在では新たな治療のアプローチ法が試みられるようになっています。この方法では、脳にインプラントを埋め込むことによって聴覚の回復を目指します。埋め込まれた器具と耳にかけたレシーバーとの作用によって、かなりの確率で生活上必要な聴力が得られると期待されているのです。このインプラント法は現在では健康保険が適用されておらず、300万円程の費用がかかります。インプラントに必要となる器具も海外から輸入する必要があり、全般的に高額な費用が発生する治療となっているのです。

専門医を探すことで新治療が試せます

聴神経腫瘍は小さいうちであれば、比較的スムーズに取り除ける可能性があります。ですが、周辺組織との癒着があったり一定以上の大きさの場合には、時に熟練した脳外科医の手技が必要になることがあるのです。現在では、聴神経腫瘍の治療に詳しい専門医も数多く登場しており、新しい治療も徐々に試みられています。従って、幅広い範囲から専門医を探すことで、最新技術を駆使した治療を受けることが可能になるのです。 聴神経腫瘍は、医師によってアプローチの方法が異なる場合もあります。治療を選択する上では予後にも気を配ることが大切となり、専門医選びは非常に重要となる訳です。最近ではインターネットなどを通じて聴神経腫瘍の治療に詳しい専門医を探せるようになっています。