医者

背骨を綺麗に

体への負担が少なく日帰りが可能

看護師

椎間板ヘルニアは、背骨の腰の部分にある軟骨がつぶれて横に広がり、その部分が神経に触れるようになることで発症します。 神経に触れることで痛みが生じるのですから、椎間板ヘルニアは、その部分を手術で切除するという方法で治療されています。しかし切除するためには、当然腰の部分を切開することになり、その負担が体にかかることになります。 そのため昨今では、椎間板ヘルニアの治療には、負担の少ないレーザー治療がおこなわれるようになってきています。レーザー治療は腰の表面からおこなわれるので、メスによって皮膚が切開されることはなく、出血もなく、傷跡もほとんど残りません。麻酔の時間を含めても10分程度で終わるので、日帰りができる点からも注目されています。

レーザー治療を受けるには

椎間板ヘルニアのレーザー治療は、はみ出ている軟骨が比較的小さい場合に、おこなうことが有効とされています。あまりに大きくはみ出ている場合には、手術によってメスで切除する必要があるのです。先述したように、レーザー治療の方が体の負担が少ないため、椎間板ヘルニアを発症したら、できるだけ早めにレーザー治療を可能としている医療機関を受診することが大事です。 また、かなり軽度の椎間板ヘルニアなら、手術はもちろんレーザー治療もせずに、注射によって治すことも可能となっています。神経ブロック注射という、神経が刺激を受けにくくなる注射をすることで痛みを緩和するのです。軽度の椎間板ヘルニアにおいては、まずは神経ブロック注射がおこなわれ、それで効果が出なかった場合にレーザー治療へと移行することになる場合も多いです。